スマホをしっかり守る。MIL規格対応【Spigenラギッド・アーマーレビュー】

Redmi Note 9Sが届いてからもう1ヶ月ほど立っていることに気がついた。この1ヶ月間、以前記事で紹介した安物ケースを装着して使用していた。

そのケースは届いた直後はなかなか良さげだと思っていたけど、安物だったせいか使っているうちにやたらと汚れが目立ったり、滑って落としそうになった事もあった。そこでメイン機でもお世話になっているSpigen様のラギッド・アーマーケースを購入した。

開封

それではまず開封。

袋に入ったケースが出てきた。内容物はこれだけ。

デザイン

袋からケースを取り出すと、いつもの上下にカーボン調の模様が入った黒いケースが出てきた。

さっそく装着してみる

さっそく装着してみたんだけどこの時点でやっぱり安物とは違うなと思う。安物は簡単に装着と取り外しができるけどSpigenのケースはしっかりと押し込まないとはまってくれない。

側面にはグリップしやすい加工

側面を触ったら気がついたんだけど、側面に斜めに凹凸の加工がされていて握りやすくなっている。

最近のスマホは大型化が進んでいて、片手で持つ時に落としやすいからこういう工夫は助かる。さすがSpigen様。

ボタン類もしっかりと守られているね。
電源ボタンの部分は窪んでいるので、指紋認証でロック解除する時にどこに指を置いていいのかすぐに分かる。

くり抜きもバッチリ

安物のケースだと穴が大きかったり少しずれている事があるけどSpigen様のケースなら問題ない。

端子の部分は余裕を持たせて挿しやすくなっている。

上部も問題なく、IRブラスターとマイクの部分がしっかりくり抜かれている。

出っ張るカメラ部分もしっかり保護

最近のスマホは大型化だけでなくカメラの出っ張りもすごい。裸で机に置こうものならレンズに傷がついてしまうなんてことも。

このケースであればカメラの出っ張りよりもケースが高く設計されているため、乱暴に置いてもカメラが直接机などに触れることはない。

ディスプレイもカバーしてくれる

手帳型ケースではないのに何を言っているんだと思うかもしれないけど、よく見てほしい。

ディスプレイ部分も少しだけケースのほうが高くなっている。
落とさないに越したことはないけど、正面から落ちた場合であればケースが多少はカバーしてくれるようになっている。

まとめ

Spigenのケースは少し価格が高いけど品質に関してはとても良い。MIL規格に対応していて耐久性もあり、汚れも目立ちづらく長く使えるのでかなりオススメ。