【Pixel 5着弾】値段で迷ったけど買ってよかった

Pixel 5が着弾したのでとりあえず開封とちょっとした外観の紹介をする。

Pixel 5の特徴

Pixel 5のスペックや特徴は別の記事で解説しているのでそちらを見てほしい。

ざっくり説明すると、

  • 5Gに対応
  • 性能はミドルハイ
  • カメラが望遠から超広角に変更
  • Felica対応

って感じ。7万4800円という価格を考えるとスペックは低め。

開封

とりあえず開封していく。

箱を開けると早速本体が現れた。僕が選んだのはSorta Sageで、この緑っぽいけど緑じゃない色合いに惹かれて選んだ。

付属品

そして本体の下には付属品が収まっている。

  • SIMピン
  • 説明書
  • USB-C to Cケーブル
  • 18W充電器
  • 変換アダプター

以前購入したPixel 3aにはステッカーがあったけどPixel 5には同梱されてないっぽい。残念。

Pixel 5の外観

ここからは外観を紹介。

背面

Pixel 5の背面は金属製なんだけど、特別な塗装によって金属感が全くなく、少しザラザラしていて、河原に落ちている石みたいな質感で他のスマホとは違った高級感がある。

そして左上にはカメラユニットがあり、広角と超広角になっている。

そしてPixel 4で消滅してしまった指紋センサーが復活。外出時にマスクをせざるを得ない今、指紋を復活してくれたのはありがたい。

全面

全面はパンチホールディスプレイが採用されていてスッキリしている。ベゼルは4辺ともに同じ太さで美しい。

上部をよく見てみると、スピーカーの穴がなかった。Pixel 5はステレオスピーカーだからどこから音が出てるのかと思ったら、どうやら画面の下にスピーカーがあるっぽい。

側面

まずは上部。Pixel 5にはイヤホンジャックがなく、マイクのみ存在している。

次に下部。スピーカー、Type-C端子、マイクが並んでいる。

右側面には電源と音量ボタンがある。電源ボタンは金属っぽくていいアクセントになっている。

Pixel 5のセットアップ

起動してしばらくすると引き継ぎ画面が表示されるので使っていたスマホからデータを転送する。

こんな感じで繋ぐ。iPhoneやmicroUSBの端末の場合は同梱されていたアダプターを使用して繋ぐ。

そして放置しておけば以前使用していたスマホのアプリを勝手にインストールしてくれ、セットアップは完了。

少し触った感想

日常使いなら動作はサクサク

試しにAntutuベンチマークを実行した。

結果は約29万点と、日常使いで特に問題ないスコア。ゲームしない僕には必要十分。発熱もほとんどしてないので使用していて背面からの熱で不快になることもない。

ただ、雪のステージを見ているとカクカクしていたのでやはりグラフィック性能が要求されるゲームは厳しいといった印象。

とても軽い

Pixel 5を持った瞬間から思ったけど151gしかないのでとても軽い。ほぼ同じ大きさのiPhone12でも162gなのでPixel 5の凄さがわかる。

バッテリー持ちがいい

まだ数時間しかいじってないけど、起動した時点で70%くらいだったのが63%までしか減っていないので期待できそう。1日は余裕そうだし、あまりスマホをいじらない人なら2日持つかもしれない。

値段で迷ったけど買ってよかった

正直Pixel 5はハイエンドチップを搭載していないのに7万4,800円は高いなと思っていた。しかし実際に手元に届いて触ってみると質感の良さや使い勝手の良さに気づき、買ってよかったと思った。
「迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめとけ」という言葉があるように値段で迷うならそれを買ったほうが絶対に満足できると思う。ただし自分のお財布との相談も忘れずに。

今回はこんな感じで。詳しい使用レビューはまた後ほど。

Pixel5販売ページ