ワイヤレス充電器は超快適だった話

ワイヤレス充電に対応したPixel 5を購入したのでこれを気にワイヤレス充電器を導入することにした。

僕自身ワイヤレス充電なんて別にいらないでしょって思っていたけど使ってしまうと有線に戻れないほど便利だった。僕のように考えていた人はとりあえずこの記事を読んで是非ワイヤレス充電器を導入してほしい。

ワイヤレス充電はいらないと思っていた理由

そもそもスマホには充電端子があるんだしそこにケーブルを挿すだけで充電できるなら別にそれで良くない?って思ってた。それなのに別で有線よりも充電速度の遅いワイヤレス充電器をわざわざ買うのももったいないし。

ワイヤレス充電器のメリット

ここからは実際に使ってみて便利だったことを紹介する。

【メリット1】コードの抜き差しがいらない

ワイヤレスの名の通り、コードの抜き差しがいらず置くだけで充電できる。
意外とコードの抜き差しは手間がかかるんだと実感。

【メリット2】充電を忘れなくなる

有線はコードを挿すという一手間があるせいですぐに充電ができなかった。だけどワイヤレス充電器だったら忙しいときだって充電器にポンと置くだけで充電できるから忘れる可能性が減る。

【メリット3】端子が痛みにくい

充電のためにケーブルを抜き差しを繰り返しているとだんだん端子が緩くなっていく。僕自身は実感したことはないけどガバガバになって抜けやすくなってしまうらしい。
そうなってしまうとケーブルを挿していても充電ができず、買い替えを余儀なくされてしまう。

ワイヤレス充電に対応していれば端子が痛む心配がないし、万が一端子がイカれてしまったとしても一応充電できるという保険にもなる。

【メリット3】スマホを置き時計代わりにできる

これは限定的な話になってしまうけど、有機ELディスプレイを搭載したスマホには、黒を表現するときに発光しないという特性を活用した常時点灯機能(Always On Display)があるものが多い。(残念ながらiPhoneにはない。)

この常時点灯機能は時計や通知アイコンのみが表示されるので、

スタンド型充電器と併用することでこんな風に置き時計代わりに使うことができる。通知が来たらアイコンが表示され、すぐに気づくこともできるのでデスクに置いておくとかなり便利だ。

ワイヤレス充電が遅いのは過去の話

ワイヤレス充電が登場した頃は充電速度が5Wほどで、有線での充電速度を比べてかなり遅かった。

しかし今は中華スマホの充電速度争いが白熱していて、ワイヤレスでも有線並かそれ以上の速度で充電できるものがある。例えばHuaweiやXiaomiは既に50W以上でワイヤレス充電が可能なスマホを販売しており、充電速度が遅いなんて言うのはもう過去の話になりつつある。

ワイヤレス充電器は導入すべき

ワイヤレス充電器を導入する前までは別に必要ないだろうって思っていたんだけど、実際に購入して使ってみたら「コードを挿す」という動作一つなくなるだけでとても快適になった。

その上、ワイヤレス充電器のおかげでスマホをより便利に使用できるようになるのでワイヤレス充電に対応したスマホを持っているなら絶対導入したほうがいい。おすすめはスタンド型のもの。