【Anker PowerCore Essential 20000 PD】万人におすすめできるモバイルバッテリー

緊急事態宣言が発令されていることもありあまり出歩くこともなかったが久しぶりに遠出する用事ができた。

遠出となるとスマホの充電が気になるのでモバイルバッテリーを購入することにした。

選ばれたのは20000mAhでした

近所に出歩いたり大学に行く程度であればモバイルバッテリーを持つ必要はあまりない。ただ遠出となれば話は別。一日中外を出歩く訳だからバッテリー切れが心配だ。10000mAh程度ではスマホを1回ちょっと充電したらなくなってしまうからそれではわざわざ別で重いモバイルバッテリーを持つ意味がない。

そこで今回は20000mAhの容量を持つAnker PowerCore Essential 20000 PDを購入した。

PowerCore Essential 20000 PDの外観

筐体はプラスチックだけど表面がザラザラしているのですべりにくくて持ちやすいし、指紋などの汚れも目立ちづらいのはとてもいい。

ポートは出力のみ対応するUSB-Aと入出力どちらにも対応するUSB-Cの2つだけ。古いモバイルバッテリーによくあるmicroUSBが省かれているからとてもシンプルでわかりやすい。

多数のポートを用意している製品もあるけど、モバイルバッテリーで複数の機器を同時に充電することは少ないと思うのでこれで充分。

付属品はCtoCケーブル

PowerCore Essential 20000 PDはUSB-Cの入力・出力両方に対応してるから余計なケーブルは無くて付属のCtoCケーブル一本でモバイルバッテリーとスマホの充電を完結できる。Androidユーザーなら複数のケーブルを持ち運ばなくて済むから荷物が減って嬉しい。

あとメッシュ状の収納ポーチもついてるから他の製品を傷つける心配もない。持ち運び中の傷が気になる人にも嬉しい。

ただ、出し入れが面倒くさいので多分僕は使わない。

PowerCore Essential 20000 PDのサイズ・重量

やっぱり20000mAhもあるバッテリーは大きい。

PowerCore Essential 20000 PDのサイズ感は現行のスマホとほぼ同じ。

とは言っても厚みはスマホの倍くらいはあるし、単純にバッテリーが詰まってるだけなので重さは全然違う。

Pixel5が159gに対して

PowerCore Essential 20000 PDの重さは343gとPixel5の2倍以上の重さがある。

343gはそんなに重くないとは思うけどこのサイズに対しての重さなので結構腕にくる。

PowerCore Essential 20000 PDの充電速度は普通だけど充分

PowerCore Essential 20000 PDの充電速度は最大18Wと遅くもなければ速くもない。日本人の多くが所持しているiPhoneは最大でも20Wでしか充電できないのでこれで充分。

ちなみに、これの新しいモデルで最大20Wで充電ができるものがあるけど、2Wの差なんて大した事ないのに800円も高くなってるものを買うのはバカバカしいのでオススメしない。

ほとんどの人はこれで充分

PowerCore Essential 20000 PDは必要最低限のポート、充分な充電速度、安心感のある20000mAhを搭載している。ほとんどの人にとって必要なものは揃ってるからこれで不満は出ることはないだろう。

ノートPCを充電したいとか複数の機器を同時に充電したいとか言う人は高速充電対応やポート数の多い上位の製品を買えばいいと思う。

PowerCore Essential 20000 PDは5000円を切る価格で必要充分な機能を持った万人におすすめできるモバイルバッテリーだから迷ったらとりあえずこれを買えばいい。