【Pixel 6/6 Pro発表】Pixel 6が安すぎ、6 Proは強すぎ

Pixel 5の発表会でがっかりしてからもう1年が過ぎた。今回のPixel 6シリーズは発表前からかなり期待が大きくてワクワクしていた。ただ、リーク合戦でほとんどのスペックがリークされてしまったので驚きが少なくとても残念だった。リーカー達はもう少し慎みを覚えてほしい。

それはさておき、Pixel 6シリーズの発表された情報をまとめてみた。

Pixel6/6 Proの特徴

Pixel 6/6 Proの特徴をまとめると、

・Google Tensonrを搭載(AI性能UP)

・カメラが大幅進化

・画面内指紋認証を初搭載

・IP68防水防塵

・Felica搭載

Pixel6/6Proのスペック

続いてPixel6/6Proの詳細スペックがこちら。

Pixel 6Pixel 6 Pro
ディスプレイ6.4インチ
1080x2400px(FHD+),20:9
リフレッシュレート90Hz
Gollira Glass Victus
6.7インチ
1440x3120px(QHD+),19.5:9
リフレッシュレート120Hz
Gollira Glass Victus
SoCGoogle TensorGoogle Tensor
RAM8GB UFS3.112GB UFS3.1
ROM128/256GB128/256GB
バッテリー4614mAh
有線30W
無線21W
リバースワイヤレス充電
5003mAh
有線30W
無線23W
リバースワイヤレス充電
カメラ 50MP,f/1.85(広角),1/1.31インチ,1.2μm,LDAF,OIS
12MP,f/2.2(超広角),1.25μm
超解像ズーム(7倍望遠)
50MP,f/1.85(広角),1/1.31インチ,1.2μm,LDAF,OIS
12MP,f/2.2(超広角),1.25μm
48MP(4倍望遠,デジタル20倍),1/2インチ,0.8μm,OIS
セキュリティ画面内指紋認証画面内指紋認証
Felica
防水・防塵IP68IP68
サイズ158.6 x 74.8 x 8.9 mm163.9 x 75.9 x 8.9 mm
重量207g210g
価格74,800円116,600円

独自SoCのGoogle Tensorを搭載

Pixel 6シリーズに搭載されるGoogle Tensorは、Googleの独自SoCということで超ワクワクしている。
スペックがミドルレンジなPixel 5から大幅に性能がアップしているだけでなく、AI性能の向上、写真処理の高画質化、セキュリティの強化など、全体的に強化がなされているとのこと。

Pixel初の画面内指紋認証を搭載

中華スマホでは2019年くらいから搭載されてきた画面内指紋認証がついにPixel 6シリーズで搭載された。
Pixel 5は背面指紋認証だったので画面を上にしておくと持ち上げないとロック解除できなくて不便だった。 やっぱり指紋認証は全面に限る。

Pixel 6/6 Proはカメラが大幅強化

Pixel 6シリーズのカメラは今までのシリーズから大幅に進化していて、Pixel 6は5000万画素のメインカメラ、1200万画素の超広角カメラのデュアルカメラ、そしてProでは4800万画素の4倍ズームを搭載したトリプルカメラに。
センサーサイズの大型化もされていて、Pixel 5比で1.5倍多く光を取り込めるようになっている。

個人的に注目しているのがPixel 6 Proに搭載されている4倍ペリスコープズームで、Googleの超解像ズームとの組み合わせで最大20倍まで撮れる。Pixel 6にはズームレンズがついてないけど、最大7倍までのデジタルズームで撮影できる。

他に新機能として、写真から不要な物を消せる「Magic Eraser」や流し撮りをしたような効果を簡単に得られる「Motion Mode」なども追加されている。

Pixel 6/6 Proは2日もつバッテリー

Pixel 6は4616mAh、Pixel 6 Proは5003mAhの大型バッテリーを搭載。歴代Pixelは電池持ちがあまり良くないことで有名だったけど、Pixel 6シリーズは独自SoCの省電力性との組み合わせにより最大2日バッテリーが持つという。

性能の高いハイエンドスマホの宿命としてバッテリーが持たないことが挙げられるので、Pixel 6シリーズでどの程度バッテリーが持つのか期待したいところ。

最大で有線30W、無線23W充電が可能に

Pixel 6シリーズでは充電速度も向上。有線では30W、無線ではProが23W、無印は21Wで充電が可能に。バッテリーが大型化した分、高速になった感じだ。

Google純正の充電器以外でもPPSに対応していれば30Wでの充電が可能。

無線でも20W以上で充電できるのであればPixel Standも一緒に購入してワイヤレス充電を積極的に使っても良いのではないかと思う。
ちなみに11月5日までにGoogle StoreでPixel6シリーズを購入すれば11,000円分のクレジットをもらえるので、それを使ってPixel Standを購入しても良いかもしれない。

OSアップデート3年、セキュリティアップデートは5年に

Pixel 6シリーズは3年間のOSアップデートと最低5年間のセキュリティアップデートをサポート。Androidスマホは長くてもサポートが3年だったから、5年のサポートは過去最長。長く使いたいユーザーにとっては嬉しい。

Pixel 6シリーズの強み

独自SoC搭載による性能向上、機能追加がされたPixel 6シリーズ。今回は2モデルがあるということなのでどちらを選んだらいいか悩んでいる人はこれを見て参考にしてほしい。

Pixel 6は安い

Pixel 6の値段はPixel 5と同じ74,800円で、ハイエンドスマホにしては安すぎる。

  • Pixel 6 Proと同じSoC
  • 90Hzの滑らかなディスプレイ
  • 失敗の少ないカメラ

これらが搭載されていてなおかつ安いとなるとこれでいい感がある。10万円も出せないけどハイエンドスマホが欲しい人にはPixel 6がおすすめだ。

Pixel 6 Proは最高

Pixel 6とは4万円ほど価格差があるPixel 6 Proの強みはすべてが盛り込まれていること。

  • 大画面で120Hz駆動の超滑らかなディスプレイ
  • 最大20倍までズームできるカメラ
  • ミリ波対応
  • エッジ形状の画面

といったオタクが喜びそうなものがすべて入っている。金に糸目をつけずGoogleの作る最高のスマホがほしいのであればPixel 6 Proがおすすめだ。

Pixel 6を購入

Pixel 6 Proを購入