【AliExpress登録方法】激安通販サイトで買い物をしよう

この前紹介したMiijaSmartSneakerを購入したのは、AliExpressっていう海外の通販サイト。楽天市場みたいな感じで色々なセラーが商品を出品していて、中国のガジェットを購入できるんだ。しかも商品が中国から直接届くからとにかく価格が安い。

例えば、スマートフォンの保護フィルムが100円ほどで購入できてしまう。しかも送料が無料なものがほとんど。これで商売が成り立っているのが不思議。

Amazonとかで買おうとすると保護フィルムは安くても700円くらいしてしまうのでいかにAliExpressの商品が安いのかがわかるよね。

AliExpressは安くて送料も無料。だったらそれを利用しない手はない。

そこで、みんなもAliExpressを利用できるようにアカウント登録から商品購入までの手順について解説していきたいと思う。

まずはAliExpressに登録しよう

はじめにAliExpressのアカウントを作成しよう。

まず、AliExpressのページに行って右上にある「アカウント」のところにある「加入」をクリック。

そしたらメールアドレスを入力する欄が出てくるのでそこにメールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成する。

そしたら、登録したメールアドレス宛にこのようなメールが届くと思うのでメールアドレスの確認のところをクリック。

これでアカウントの作成は終了。

住所を入力しよう

アカウントを作成したので次は住所を設定しよう。

ただ、Amazonや楽天と違ってAliExpressは英語で住所を入力しなければならない。英語で住所を入力するのはちょっと不安だと思うので今から書き方を解説していく。

まず、「アカウント」へ行き、左の方に「配送先住所」があるのでそこをクリック。

そしたら住所を入力する欄が表示されるのでそこに住所を入力していく。上から順に解説する。

連絡先

連絡先というと電話番号なのかと思ってしまうが違う。ここには自分の名前を入力しよう。

(例)山田 太郎→Taro Yamada

所在地住所

ここには市から下の住所を入力する。下に市区町村のところがあるけどそこには入力しない。

(例)神奈川県横浜市西区高島2-162-16 Takashima Nishi-ku

下にあるアパート、スイート、ユニットには建物名と部屋番号を入力。一軒家の人は入力しなくていい。部屋番号の前には#をつける

(例) あああハイツ 810号室#810 Aaa haitsu

市区町村、州/地方/地域

市区町村のところには市だけを入力する。東京23区の場合は市がないのでここに区を入力する。市区町村の場合は「Yokohama-shi」のように「shi」「ku」をつけたほうがわかりやすいかもしれない。

州/地方/地域のところには都道府県を入力する。都道府県に県(ken)や府(hu)を付ける必要はない。

(例)神奈川県→Kanagawa

入力例

次の住所を入力する。

〒220-0011

神奈川県横浜市西区高島 2丁目 16 あああハイツ 810号室

山田太郎

TEL 070-114-514

こんな感じで入力する。問題がなければ「デフォルトとして設定」にチェックを入れ、「セーブ」をクリックして終了。

ここまで長々と解説したけど、ぶっちゃけ間違えたところに書いたとしても配達員の人がわかればちゃんと届くのでそこまで気にしなくていい。

買い物をしてみよう

住所の登録が終わったと思うので実際に買い物をするわけなんだけど、買い物をするときに注目するポイントを紹介する。

ショップの選び方

AliExpressはいろいろなセラーが出品をしていて、商品を検索すると似たような商品が多く出てくる。この中からどのショップを選んだらいいのか解説する。

まず、注文数と評価に着目する。例えば、

  • 値段が安くて評価は4.7、注文数が100個のショップ
  • 上の店より値段は少し高いが、評価は4.9、注文数が3000個のショップ

と2つのショップがあるとしよう。

100個売れているショップも悪くはないけど、3000個売れてるショップのほうが実績があって信用ができるので、後者を選んだほうがいい。なぜなら、中には商品を発送しないショップが存在して、そこでトラブルが発生してしまう場合があるから。

ちなみに僕も一度だけ商品を発送しないセラーから購入をしたことがあったが、英語でショップに連絡を行ったらすぐに返金してもらえた。

万が一トラブルが起こってしまっても、僕のように返金に応じてもらえることがほとんどだと思うけど、英語で連絡しないといけなかったり、他のショップで再び購入する手間などがかかってしまうのでやっぱり実績のあるショップで購入するに越したことはない。

配送方法を確認

配送方法の確認も重要。

この画像の1番上の配送方法は、基本的に届きはするけど配送するのが遅く、追跡が利用できない。このような配送方法だと本当に届くのか不安になる人がいると思う。

そんな人はePacketかAliExpress Standard Shoppingを選んでおけば大丈夫。追跡が利用でき、2週間程度で届くので配送も早い。

配送が遅くて追跡ができなくてもとりあえず届けばいいって人は無料の配送でも全然大丈夫。

僕はこれまで様々な配送方法を利用したけど、基本的にどの配送方法でも2週間から1ヶ月くらいで届くから何を選んでもそんなに変わらない。

ただ、早くても2週間程度かかるので早く商品が欲しいって人は、料金が高くおすすめはしないけどEMSやDHLなどを利用しよう。7日くらいで届くはず。

支払い方法

カートに入っている商品の中から購入したいものにチェックを入れ購入をクリック。

支払の方法はクレジットカードとWebMoneyのみ。残念ながらPayPalには対応していない。

ここではクレジットカードで支払う。クレジットカードの情報を入力し、「注文する」をクリックすれば購入完了。

届くまで

注文した商品は「私の注文」の「注文を追跡」から追跡できる。

ここでは現在商品がどこにいるのか確認ができる。

これの下には追跡番号があり、日本国内に到着すればこの番号を使って日本郵便の追跡サービスからも確認することができる。

商品が届いたら問題がないか確認し、注文の詳細から「商品到着を確認」をクリックする。

以上でAliExpressでの買い物は完了。

まとめ

今回はAliExpressでの買い物のしかたについて紹介した。海外通販だからといって不安な人もいるかもしれないけど、登録さえ済ましてしまえばあとは普通に買い物することができ、トラブルも少ないのでぜひこの記事を参考に登録してもらえたらうれしい。